株式会社孔栄社 グラナビ事業部

TEL 022-262-4547 FAX 022-216-4176 メールでのお見積り・お問い合わせ
書籍、雑誌、カタログ、パンフレット、カレンダー等の印刷製品には様々な寸法、大きさがありますが、それぞれの製品寸法に合わせて紙を抄造するのではなく、大量に生産された定寸法の中から選択し、加工して使用します。紙の寸法基準として、日本工業規格(JIS)の「原紙寸法」「紙加工仕上げ寸法」があります。

江戸時代の公用紙として、美濃判(197×272mm)の8倍を大八つ判とし出版物によく使いました。この大八つ判32面取りすると四寸二分×六寸二分の紙が取れました。このため、この用紙を四六判、書籍を四六判書籍と呼びました。


A0判(841×1189mm)の1.5倍になるのが、B0判(1030×1456mm)でB5判(182×257mm)が16面32頁取れる全紙がB列本判765×1085mmです。


明治十四年頃、東京のある新聞社が新聞を発行することになりました。日本橋の川上正助店がアメリカン・トレージング会社と約定し、用紙を取り寄せました。
その紙の寸法はアメリカの標準判で24×27inでした。この時、新聞の“聞く”にちなんで菊花をマークとし、この寸法が菊判と呼ばれるようになりました。


昭和4年にドイツの規格のA系列を取り入れ、国際規格に一致させて規格化されました。
A5判(148×210mm)が16面32頁取れる全紙がA列本判625×880mmです。